葬式に関するマナーのいろいろ

葬式に参列する事もあれば、自分たちが家族で執り行なう事もありますが、その時にはマナーを忘れずにいたいものです。
特に若い人ならいざ知らず、ある程度の年齢の人がマナーも知らないというのでは目も当てられません。

一番葬式の時でマナーとして気をつけておきたいのは服装です。

葬式についての情報はこちらです。

喪主や遺族は近年は男性ならブラックスーツで、女性でも洋装の正式礼装を着用します。

男女共にシンプルな服装を心がけ、シャツも白を選んでネクタイも無地を選びましょう。
メイクもシンプルにしてマニキュアは取りましょう。

参列する側の服装もだいぶ変わってきていますが、基本的にはブラックスーツやダークスーツで、勤務先から急いできたという時にはネクタイを黒に変えましょう。女性は洋装なら黒やなるべく地味な色のアンサンブルやスーツ、ワンピースなどにしましょう。もしも急すぎてスーツなどがないという時にはカジュアル過ぎない洋服でも良いとされています。色に関しては黒や濃いグレーなどの色を選んで着用しましょう。



小物も忘れがちですが、ふくさや手袋、白無地や黒のフォーマルなハンカチを選んで下さい。

靴もブーツやサンダルなどは除外して、黒のパンプスなどを準備しておくといいでしょう。
葬式が行なわれるのは誰にとっても急であることが大半です。

とにかく駆けつけたいという気持ちもあるのは当然のことですが、失礼のないように出かける前にはきちんと服装なども確認しておくようにしましょう。



葬式のコツ

家族を始めとした身内だけでなく、親しくしていた人たちの訃報を聞くのはとてもつらいものです。着る物もとりあえず慌てて駆けつけたくなるところですが、服装も急な中でもなるべくきちんとした格好をして、通夜や葬儀、告別式に参列できるようにしましょう。...

more

葬式の専門知識

日本で行なわれる葬式は、宗教がそもそも殆どの人が仏教なので仏式で執り行われることが多くなります。これまで参列してきた経験から何とか準備や手配が出来るだろうと思っていても、宗教が違って勝手が分からずどうしたらいいのか分からなくて困ってしまったという事もないわけではありません。...

more

2から学ぶ葬式

子供の頃は参列する側だったとしても、大人になれば自分が葬式を挙げる側になることもあります。兄弟姉妹が多ければ準備などにまわって喪主になることはないかもしれませんが、それでも大まかに流れを理解しておくことでスムーズに執り行うことができます。...

more

葬式を身に付けよう

歳とともに自分のお迎えが来る日を意識しますので、一定の歳になれば、葬式に関しての準備をしようということになりますが、そのときは一連の流れを意識して行うことがとても大切です。一連の流れとは、お通夜、告別式、火葬、納骨といったものです。...

more