バイクの査定額をアップさせるコツとは

事故や故障、あるいは車を購入するなどして乗らなくなったバイクは、その置き場所にも困るものですし、かといって廃車にしてしまうというのもためらわれてしまうものです。

しかし、乗る機会がほとんど無いものを修理したり、
劣化しないようにこまめにメンテナンスを行なうのも面倒な話ですし、無駄に費用もかかってしまうことになります。

こうした処分に困ったバイクは、買取専門店で売却してしまうというのも一つの方法です。

ディーラーなどの下取りでも売却することはできますが、
新しい物を購入することが前提になりますし、
古い車種や故障があるものは買取の対象にならない事もあります。

しかし、横浜のバイク買取専門店では、下取りなどとは違った相場で査定を行うため、
売れないと諦めていたものでも高値で売れる可能性があります。

買取専門店の買取額を少しでも高くしたいのであれば、
査定に出す前にバイクの状態を良くしておくことが有効です。

念入りに洗車をして、汚れやステッカーを取り除いておくと、
査定の印象アップにつながります。

また、社外パーツなどでカスタムしている場合には、ノーマルパーツも一緒に査定してもらうと良いでしょう。

基本的にカスタムしているバイクは買取額が安くなりがちですが、使用しているカスタムパーツの種類によっては需要が高い場合もあります。

また、タンクの凹みなどの大きな傷は、無駄に費用をかけて修理するよりもそのまま査定に出すほうが余計な出費を抑えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *