葬式の流れを理解しましょう

子供の頃は参列する側だったとしても、大人になれば自分が葬式を挙げる側になることもあります。
兄弟姉妹が多ければ準備などにまわって喪主になることはないかもしれませんが、それでも大まかに流れを理解しておくことでスムーズに執り行うことができます。


葬式を行なうまでには順序があります。病院で過ごしていたのであれば危篤の連絡があれば身内に速やかに知らせ、臨終の時が来たら末期の水を取ります。

医師から死亡診断書をもらい、遺体の引き取りなどをしていきます。


自宅で亡くなった場合には主治医がいれば来てもらう様にし、そうでなければ警察を呼び手続きを進めていきます。
葬儀社を選ぶのは病院指定の所でなくても構いませんので、搬送を済ませて自宅に安置してから手配をする事も出来ます。


喪主になるのは基本的に配偶者や長男というように故人と縁の深い人です。

葬儀社を手配して葬式の規模や日時、場所や予算と言うようなことを話し合っていきます。

魅力の高い葬式の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

日時もいつでもいいだろうと思うかもしれませんが、宗教者の都合もありますので相談をしながら決めるようにしましょう。

火葬場の休業日などにも気をつけながら日程を考えていくといいでしょう。


日程が決まれば葬式の連絡を行って下さい。


親族や故人と仲の良かった友人や知人、勤務先や近隣などです。



慣れないことばかりですからとても大変ですし、本当に悲しいものです。



けれども最後までお見送りができるように、流れを知っておいて役立てて下さい。