葬式は宗教によっても違います

日本で行なわれる葬式は、宗教がそもそも殆どの人が仏教なので仏式で執り行われることが多くなります。

葬式に関する耳より情報です。

これまで参列してきた経験から何とか準備や手配が出来るだろうと思っていても、宗教が違って勝手が分からずどうしたらいいのか分からなくて困ってしまったという事もないわけではありません。
例えば、仏教と一くくりにしがちですが浄土真宗や浄土宗、日蓮宗や天台宗といろんな宗派があるのです。

同じように見えても詳細な所が違うこともありますので、生前に確認しておくと慌てずに手配をしたり進行をしていく事が出来ます。
その他にも、神道やキリスト教などいろんな宗教がありますので、葬式を行なう際もそうですが、参加する時にも気をつけておきましょう。
そうかと思えば、無宗教という形を選ぶ人もいますから、その時にはまた違った形で葬式を行なうことになります。



いろんなやり方があるので、故人が遺書などを残していてこうして欲しいというような言葉があった時にはその意向に沿って行なうといいでしょう。



読経やお焼香がなく、故人が好きだった音楽を流したり、動画やスライドを作って流すというようなスタイルなどもありますので、葬儀社とも相談しながら準備を進めていって下さい。
葬式と宗教は切っても切り離せませんから、まずは準備などを行う場合にはどの宗教だったのかを確認しておきましょう。

よりスムーズに進行できますし、参列する時でもマナーのチェックをしておけるので安心です。