葬式に参列する時の受付

家族を始めとした身内だけでなく、親しくしていた人たちの訃報を聞くのはとてもつらいものです。
着る物もとりあえず慌てて駆けつけたくなるところですが、服装も急な中でもなるべくきちんとした格好をして、通夜や葬儀、告別式に参列できるようにしましょう。

葬式の基本知識を紹介しています。

服装もきちんとブラックスーツなどを着用したら、葬式の参列のために出かけましょう。



そして受付をしてもらうのですが、関係者別に列が分かれていることもありますので、間違えないように並んで下さい。
香典も早く渡さなくてはいけないと思うと気持ちも焦りますが、バッグから袱紗に包んだ香典を取り出して手早く渡せるようにしておきましょう。


自分の番が来たら香典を渡して受付係に手渡します。

その時にはお悔やみも述べて芳名帳に記帳します。


もしも他の人の分も香典を預かっているという時には受付の人にその旨を伝えてから手渡し、その人たちの分も芳名帳に同じように記帳していって下さい。



もしも葬式の会場内に受付がない場合には、遺族に直接お悔やみの言葉を伝えて渡すか、または焼香の時に祭壇に供える場合もありますので、どうしたらいいのか分からないようであれば会場でも聞いてみるといいでしょう。

何度も葬式に参列する時はないですから、その都度出かける前に慌てず確認しておきましょう。

香典に関しては最近は不要とする場合もありますので、そのような案内があった場合には気をつけるようにして、日時に間に合うよう参列して下さい。